バストアップグッズ

リアルアバンダントバストを使うと胸が垂れるのでは!?

リアルアバンダントバストは、吸引によりバストケアを行う商品です。

パッドを胸に装着して、吸引する事でバストアップを考えて商品を購入する人もいます。

リアルアバンダントバストは、EMSなどの機能も搭載されていて、大胸筋も鍛えながらバストケアが出来ると宣伝されているわけです。

しかし、個人的には、吸引でバストアップが本当に出来るのか?と疑問にも感じました。

さらに、EMS自体の効果も懐疑的な部分も多いと感じています。

今回は、リアルアバンダントバストが本当にバストアップなどに効果があるのか考えてみました。

尚、吸引によりバストに負荷を掛けてしまう事は、バストの状態を悪化させてしまうのでは?と自分は考えています。

吸引によりクーパー靭帯に悪影響を及ぼし、垂れてしまう危険性もあるように感じました。

吸引力で引っ張ったりEMSの電気刺激を与えればバストアップ出来るものでもないはずです。

 

 

販売会社のオムニに関して

リアルアバンダントバストを販売している会社はオムニという会社です。

美容品を中心に製造している会社でもあります。

リアルアバンダントバストの他にも、脱毛商品であるエクセレントデピ ビューティーRFなどがあります。

エクセレントデピ ビューティーRFは、キセノンフラッシュなどで有名にはなりましたが、それほど評価は高くなかった様な印象があります。

ただし、製造拠点を日本に置くなど、日本国内の雇用に貢献している会社でもあります。

 

リアルアバンダントバストの使い方

リアルアバンダントバストですが、2種類のパッドを交互に着けるだけです。

左右でパッドの効能が違うので、交互5分ずつ行う必要があります。

これを1日10分行うだけで、ハリが出てきてモデルの様なふっくらバストになれると宣伝されています。

さらに、ツンとした上向きバストにもなれる様な記載があります。

尚、口コミを見るとバストのサイズがAカップの人の場合は、小さすぎてしまい吸引が難しいなどもあるようです。

その場合は、ジェルやクリームを多く塗る事で吸引が出来る様になったという口コミもありました。

リアルアバンダントバストのパッドの大きさが決まっている以上は、胸が大きすぎても小さすぎても問題が起きるのでしょう。

 

EMSで大胸筋が本当に鍛える事が出来るのか?

リアルアバンダントバストの販売ページを見ていると、EMSで大胸筋が鍛える事が出来るとされています。

リアルアバンダントバストには、アスピレーターカップとシナジーカップがあり、シナジーカップにはEMSの機能が搭載されていると言います。

EMSなどは、日本ではスレンダートーンやシックスパッドなどが有名になっています。

リアルアバンダントバストのEMSで大胸筋が鍛えられるのか?ですが、かなり疑問が生じました。

EMSは、専門家の間でも効果の有無で見解が全く違います。

業者の宣伝する側の専門家はEMSには、ダイエットや筋トレに効果があると言いますが、無関係の専門家の多くはダイエット効果も無ければ、筋トレにもならないと宣伝しています。

効果があるという専門家の書籍も読んでみたのですが、それによると20Hzの強さでないと意味がないと記載してありました。

これが本当だとすれば、多くのEMSはパワーが強すぎてしまい意味がない事になってしまいます。

さらに、別の専門家によれば筋肉は負荷を強くする事で発達していき、EMSの様に遅い早いにかかわらず、同じ負荷を掛け続けても筋トレにはならないと言います。

これが真実であれば、リアルアバンダントバストにEMSの機能が付いていたとしても無意味な可能性も高いです。

リアルアバンダントバストのEMSが何ヘルツなのかは分かりませんが、ヘルス数が少ないEMSは高額になる傾向にあり、20Hzという事はないと思われます。

20Hzであったとしても、本当に大胸筋が鍛えられるのかは、かなり微妙だと言えるでしょう。

それを考えると、リアルアバンダントバストのEMSには効果を期待できないと感じた次第です。

 

クーパー靭帯の損傷が心配

リアルアバンダントバストですが、吸引を行う事で様々なバストケアをする事になっています。

しかし、バストを真空パッドで引っ張るという行為は、クーパー靭帯の伸びや損傷に繋がらないでしょうか?

クーパー靭帯は簡単に説明をすると、バストを釣り上げている靭帯です。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、バストが垂れてしまったり離れ乳などの原因にもなるとされています。

リアルアバンダントバストはバストを吸引するわけですから、引っ張る事になりクーパー靭帯が切れないのか非常に心配です。

尚、クーパー靭帯は1回伸びてしまったり、損傷したりすると回復が難しいとも言われています。

運動などで激しく揺れたりする事でもクーパー靭帯は傷ついてしまうとも考えられています。

そのため運動するときは、スポブラを着けたり、寝るときはナイトブラを着ける事を推奨する専門家もいます。

ただし、ブラジャーを着けている時間が長すぎると、乳癌になりやすいとする論文も出ている状態です。

そのためクーパー靭帯の保護はデリケートな部分でもあります。

しかし、個人的な見解としては、リアルアバンダントバストの様な吸引はクーパー靭帯を痛める可能性がありお勧めは出来ません。

尚、リアルアバンダントバストに関しては、離れ乳対策にもなるとされています。

離れ乳になってしまう原因に関しては、クーパー靭帯が内側だけ伸びてしまい外側はしっかりとしている症状で起きるとする専門家もいます。

それを考えると、リアルアバンダントバストでは離れ乳を改善するどころか、クーパー靭帯を痛めて悪化させてしまう事も考えられるはずです。

離れ乳から垂れ乳に変化してしまう可能性もあるでしょう。

リアルアバンダントバストは様々な面でバストケアというよりも、バストの状態を悪化させてしまうように感じています。

 

吸引でバストアップマッサージは出来ない

女性でも男性でも、誰でも一度は揉むと胸は大きくなるという話を聞いた事がないでしょうか?

リアルアバンダントバストにも、もみ刺激がついていてエステシャンの手もみマッサージと似たような効能が得られるとされています。

さらに、直流磁力により血行をよくするなど、健康増進にも役立つとあります。

しかし、リアルアバンダントバストはエステシャンの様な立体的な手の動きは出来ません。

なぜなら、吸着しかないからです。

吸着だけでは、エステシャンの手には程遠いと言えるでしょう。

さらに、吸引によるバストアップ効果があるとも宣伝されていますが、バストを引っ張るのとバストの脂肪を増やし大きくするのは別物だと考えるべきです。

他にも、揉んで胸が大きくなるのは、最近では都市伝説と考えられています。

揉んでバストアップするにも、リンパの流れなども考えた、効果的なバストアップマッサージが必要なのであり、吸着で代替できるものではありません。

 

バストに跡がついてしまう

リアルアバンダントバストを使った後に、バストに跡がついてしまう問題があります。

バストの周りを真空にして吸着をするわけですから、跡がついてしまうのは当たり前だと言えます。

バストの周りに丸い跡が付いてしまったら、かなり格好が悪いです。

温泉などに行けば目立ちますし、気分的によくはないでしょう。

いずれ消えるかと思いますが、人によっては吸着でついてしまった跡が、なかなか消えずに困ってしまう人もいるようです。

 

リアルアバンダントバストの評価

リアルアバンダントバストのメリットとデメリットをまとめてみました。

リアルアバンダントバストのメリット

・今までにない刺激が味わえる??

・国内生産

リアルアバンダントバストのデメリット

・バストケアが出来るかは未知数

・バストに変な跡がついてしまう

リアルアバンダントバストは、C評価とします。

 

リアルアバンダントバストの効果は全く理解できませんし、むしろバストに対して悪影響を及ぼしているのではないのか?とも感じられるからです。

さらに、メリットらしいメリットは特にないかな~とも感じました。

しかし、リアルアバンダントバストは価格は高いですが、誇大広告という程のものではありません。

さらに、日本でも数少ないバストアップの吸引グッズだというのもあります。

他にも、日本で製造している事もあり、国内企業を応援したい気持ちもあります。

それを考えると、リアルアバンダントバストはC評価となってしまいました。

評価に関しては、私情も入っていますし、甘いと感じるかも知れませんが、そこはお許しください。

しかし、最終的な結論としては、わざわざ買わなくてもいいのかな?とは感じています。

【リアルアバンダントバスト 評価C  バストアップ効果など不明な点が多い】

 

 

-バストアップグッズ

Copyright© バストアップ方法検証レビューブログ【情熱編】 , 2020 All Rights Reserved.